シャドウバースのアカウント連携とは?できない時の対処

「シャドウバース アカウント連携 やり方



%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%89%e3%82%a6%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9

みなさんシャドウバースを楽しんでいますか?

今回はシャドウバースのアカウント連携について紹介します。

アカウント連携が出来ない場合はどのような理由があるのでしょうか、参考にしてみてくださいね。

【シャドウバース】アカウント連携とは

「シャドウバース アカウント連携 やり方

大人気TCGシャドウバース、2016年11月16日現在スマホ版とPC版があります。

スマホ版とPC版をアカウント連携することにより、それぞれ同じアカウントで遊ぶことができます。

普段はスマホでプレイをして、家ではPCの大画面でプレイ、そんな遊び方ができますよ!

そしてアカウント連携でミッションが達成、スタンダードカードパックが入手できます!

しかしアカウント連携をしようとしているのにうまくいかない、ということがあります。

それには一体どんな理由があるのでしょうか?

【シャドウバース】アカウント連携ができない理由

1 コードの有効期限が切れている

アカウント連携に使用する連携コードは有効期限が48時間です。

有効期限が切れた連携コードは無効となるので再発行しましょう。

2 すでに連携されているデータである

スマホ版シャドウバースのアカウントで連携できるのははDMMアカウント1つのみとなります。

すでに別のDMMアカウントと連携したデータは、新たなDMMアカウントとの連携ができません。

DMMのログインIDをチェックしてみましょう。



>>無課金でカードパックをこっそりゲットする裏ワザはこちら!



【シャドウバース】アカウント連携の注意点

シャドウバースのアカウント連携には注意点がいくつかあります、アカウント連携の注意点を紹介します。

1 連携コードの発行と入力を誤って連携した場合、データは復旧できない

一度上書きしてしまったデータは復旧できません、データ連携の際はしっかり注意しましょう。

連携を行う時、データが消えることについて注意が出るのでしっかり読みましょう。

2 連携できるIDは1つだけ

スマホ版のデータはDMMアカウント1つのみと連携できます、複数アカウントでは連携できないことは上で述べた通りです。

そして、今後シャドウバースはSteam版が登場予定、DMM版と連携したデータはSteam版と連携できない仕様となります。

3 連携の解除はできない

1度連携したデータは解除できません、連携の際はしっかり確認しましょう。

4 クリスタルはそれぞれの端末で使用する

データは連動しますが、クリスタルはそれぞれの端末やIDで管理されます。

スマホで購入したクリスタルはスマホ版のみで使用可能、DMM版で購入したクリスタルはDMM版でのみ使用可能となります。

以上、シャドウバースのアカウント連携とは?できない理由は何?でした。

スマホとPCで同じデータで遊べるデータ連携、とても便利ですが注意点がそれなりにあります。

特にデータを消してしまった場合復旧不可能なので、データ連携をする場合は慎重に操作しましょう。



くっそ!勝てねぇ・・・

これで7連敗。やっぱレジェンドのレア持ってないと上にいけないのかな・・・

でも、もうすでに3万投資しちゃったし(^^;

今月の資金ヤバいんですけどw

もし私と同じ状況だとしたら、最後まで読んでくださったお礼に、手っ取り早くレジェンドをゲットできる方法を紹介させていただきます。

私はこれで、1日でケルベロス、海底都市王・乙姫、サタン、ムーンアルミラージをゲットできました。

期間限定でそろそろ終了するらしいです。

⇒詳細はこちら


【人気記事】こちらはかなり読まれています!




「くそ!負けてばっかやん!」

そう私は嘆いていると、友達がこうつぶやきました。

「この世には、シャドバよりも面白いゲームはたくさんある。」

「え?なに?」

「ドラゴンスリンガーや。」

そういわれるままに私はDLしてプレイしてみました。

そしたら、今までにないRPGバトルが超爽快でおもしろい!

「シャドバより全然面白いやん!」

「せやろ?もう800万DLもされてんねんで!」

800万DL・・・スゴイ・・・そんなにスゴイゲーム知らなかった。

どんなゲームか?それは・・・

【iOSはこちら】


【アンドロイドはこちら】


【記事内ランキングTOP10】

1位 カードパックを無課金で18回引く禁断の方法とは?【なくなり次第終了!】

2位 シャドバ初心者がまずやるべき3つのこととは?

3位 クソ粘り強いヴァンパイアを○○という方法で駆逐する方法とは?